『赤色のモノを身につければ厳しい冬でもハッピー!』

こんにちは。

今回はカナダから届いたポストカードをご紹介します。

f:id:yuji6733:20210227142113j:plain

 

そのポストカードの裏面にこんなメッセージが書かれていました。

 

『私たちのほとんどはフランス語を話します。』

f:id:yuji6733:20210227142143j:plain

 

そうなんですよね。カナダには「カナダ語」という言語がないんです。

・・・ってこのくらいは私も知っていました。

 

そして今回ポストカードを送ってくれたユーザーさんがお住まいなのは「ケベック州」。

場所はこちらなのですが、『カナダ国内では唯一、フランス語のみを公用語に定めている』州だそうです。

f:id:yuji6733:20210227142220g:plain

 

そしてこのケベック州政府の言語政策なるものがありまして

『非英語圏からの移住には英語ではなくフランス語の習得が必須、非英語圏出身者は必ずフランス語での教育を行う学校へ入学する』

と、徹底しております。

 

とにかく「フランス語をしゃべれーーー!」ということですね。

 

f:id:yuji6733:20210227142255j:plain

 

そんなケベック州の見どころをいくつかご紹介します。

 

■ルシャトーフロンテナック

ケベック・シティの旧市街、歴史地区は1985年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。その中の超有名ホテルがこちらの「ルシャトーフロンテナック」。

f:id:yuji6733:20210227142319j:plain

 

映画やドラマの舞台にもなり世界中のセレブ御用達のホテルだとか・・・。

宿泊客の中には

 

エリザベス女王

f:id:yuji6733:20210227142337j:plain

 

グレース・ケリー

f:id:yuji6733:20210227142357j:plain

 

チャップリンと凄いお名前がズラ~リと出てきます。

f:id:yuji6733:20210227142421j:plain

 

■プチ・シャンプラン通り

f:id:yuji6733:20210227142448j:plain

 

フランス植民地時代の面影を残す石畳が美しい街なのですが、この写真に見覚えはありませんか?

f:id:yuji6733:20210227142532j:plain

 

名前の由来はフランスの探検家“サミュエル・ド・シャンプラン”が毛皮取引のために「ケベック・シティ」を建設したことだそうです。

ちなみに“サミュエル・ド・シャンプラン”はこちらの方。

f:id:yuji6733:20210227142605j:plain

 

美しい街並みに雪が積もると美しい光景になるのは容易に想像ができますね。

f:id:yuji6733:20210227142631j:plain

 

■ウィンターカーニバル

ケベック州では冬になるとさまざまなイベントやフェスティバルが開催されますが、世界的にも有名なのがケベック・シティの「ウィンターカーニバル」と「モントリオール国際ジャズフェスティバル」。

 

まずはこちらがウィンターカーニバル。

f:id:yuji6733:20210227142745j:plain


氷のホテルを本当に作っちゃうなんて凄い!

f:id:yuji6733:20210227142822j:plain

 

 

ホテル内のレストランに設置されているのは、氷でできた椅子とテーブル。

f:id:yuji6733:20210227142842j:plain

 

そして室内には氷のベッド。

f:id:yuji6733:20210227142903j:plain

 

フェスティバル期間中にはさまざまなイベントも開催されていますね。

 

氷が行く手を阻むセント・ローレンス川を舞台にした「カヌーレース」や

f:id:yuji6733:20210227143016j:plain

 

犬ぞりのレース。

f:id:yuji6733:20210227143036j:plain

 

そしてこちらも超有名な「モントリオールジャズフェスティバル」

f:id:yuji6733:20210227143059j:plain

 

ギネス公認の世界最大のジャズフェスティバルは30を超える国からミュージシャンが参加し期間中には600を超えるコンサートが開催され、なんと半数以上のコンサートが無料!

f:id:yuji6733:20210227143123j:plain

 

過去にはマイルス・デイヴィス

f:id:yuji6733:20210227143201j:plain

 

トニー・ベネット

f:id:yuji6733:20210227143220j:plain

 

そして1985年の“USAフォー・アフリカ”のメンバーでもあるスティービー・ワンダーレイ・チャールズボブ・ディランダイアナ・ロスも登場しています。

f:id:yuji6733:20210227143244j:plain


 名前を聞いただけで凄いフェスティバルというのがわかりますね。

 

最後にもう一つ。

 

「マドレーヌ諸島ツアー」に参加すると期間限定ですがアザラシの赤ちゃんに会えるとか。

f:id:yuji6733:20210227143323j:plain

 

日本では「ゴマちゃん」と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

f:id:yuji6733:20210227143338j:plain

 

 

「コロナが治まって海外に行けるようになったら、ケベック州を海外旅行の候補に入れようかな」

そんなポストカードを頂いた今回でした。

 

You Tubeではブログではカットした写真やストーリーもノーカットでアップしています。

こちらも是非ご覧ください。

https://youtu.be/0PuoqwBffCY

 

では、次回にお会いしましょう。